■ 画像形式について

画像形式の特性を知っておくと、用途に合わせた最適な使い方ができるようになるかもしれません。
以下にいくつかの代表的な画像形式について簡単に説明します。


◇GIF(ジフ、ギフ)

扱える画像の色数が256色までという上限があります。
色数の多い画像からGIFに変換する場合ではその特性上、劣化の度合いが大きくなるので注意が必要です。

アイコンやイラストなどの色数が少ない画像にはGIF形式が向いていますが、写真などには不向きな形式といえます。
ファイルサイズはJPEGやPNGに比べると小さくなる場合が多いです。アニメーションにも対応しています。


◇JPEG(ジェイペグ)

1677万色程度までの色数を扱うことができます。
色数の多い写真などに向いていますが、GIFに比べるとファイルサイズは大きくなりがちです。
静止画として扱います。透過には対応していません(?)
画像が徐々に鮮明になるプログレッシブJPEGなども。
拡張子はJPGまたはJPEG、稀にJPE。


◇PNG(ピング)

画像を劣化させずに扱うことができますが、DoCoMoでは非対応の形式です。
GIFのようなアニメーションには非対応ですが、Vodafoneでは複数の画像を以下のようにマークアップすることで
画像を切り替えてアニメーションを作ることができます。

<img motion="画像1.png" motion="画像2.png">


◇BMP(ビットマップ)
圧縮を行わない画像形式です。
そのために、劣化はないものの非常にファイルサイズが大きくなります。
[HOME]